クルマに水平対向エンジンを搭載するメリットは図り知れません。水平対向エンジンは、ピストン同士が対向して打ち合う為「ボクサー」に例えられ、「ボクサーエンジン」と呼ばれます。ピストン同士がお互いの慣性力を打ち消すので振動が少なく、構造上エンジンの高さが低いため重心が低く設計でき、コーナリングで車体が左右に振られるのを抑えることが出来ます。また縦置きエンジンの配置となるためサスペンションストロークにもアドバンテージがあります。つまりタイヤをよりうまく活かすことが可能なのです。

しかし私がボクサーエンジンに惹かれる点はこれだけではありません。何故ボクサーが好きか。私はスバルがボクサーエンジンに込めた想いに感銘を受けるのです。「走りの歓び」。これを追求しているメーカーはもはや多くありません。それでもスバルはそれを理想とし、モータースポーツに挑み続ける。極限状態であるモータースポーツから得られる技術力、走りに対する精神は何にも変えられない貴重なものだからです。


そうした努力によって磨かれた走り、技術、ものづくりの心。これらは人々を感動させます。そのスピリットをスバルのクルマは秘めています。こうしてひたむきにクルマの「走り」と向き合う、これこそがクルマを造るということの本質だと私は感じます。だからこそスバルが大好きですし、ボクサーエンジンは「走りの歓び」を実現するために欠かせない訳で、そのような存在自体が最大の魅力ではないかと感じます。


懐古主義のスバリストより