2012年上旬。数年前から各方面より注目を浴びていた、ボクサーエンジン+FRレイアウトのスポーツカーがついに発売されました。その名もSUBARU BRZ。今回のコラムではこのBRZが背負った大きな役割について展開して行きたいと思います。

SUBARU BRZ。──このクルマは非常に"難しい"クルマであります。何が難しいかと言えばその"立ち位置"なのです。まず、私たちの中にあるスバル+スポーツ+...と聞くとやはり、このコラムでも数回ご紹介している通りラリーのイメージが強いと思います。つまりはAWD+ターボ+...といったものです。ですが、BRZと触れあうには完全にそれらの思考から離れる必要があるのです。重苦しい表現になってしまいますが、これがBRZの大前提になっているということを忘れてはならないのです。それは、BRZが今までのスバル車とは一線を画すキャラクターを持っているからに他なりません。

私自身、幸運にも納車が全国で開始されてからあまり時間が経っていない時期に、BRZをテストドライブする機会を頂きました。私はBRZをドライブしながら、そこには「ハイパワーやハイグリップから開放された、物腰の柔らかいスポーツ」がある、という事に気づきました。いわゆる「ピュアスポーツ」と呼ばれるものなのでしょうか。
クラッチをミートさせ、アクセルを踏み込む。すると車体は「嫌な顔ひとつせず」に加速していく。ブレーキでフロントに荷重をかけてハンドルを切り込む。すると車体のノーズは「嫌な顔ひとつせず」に切れ込んでいく。この「嫌な顔ひとつせず」という表現に様々な意味を込めたのが伝わったでしょうか。これがBRZの持ち味であり、むしろそうでなければならない"立ち位置"なのです。
ここでBRZが背負ったスポーツカーの未来とは、について考えます。BRZはかつての日本車には、担い手が多く存在していた、"スポーツドライビングとの出会い"を教えてくれるクルマであるという事です。近年、特に日本においてのエコカー(それがエコノミック・カーでない事を祈るが)ブームによって忘れ去られてしまった、クルマへの愛着や走る歓び。BRZはこれらの感情を思い出させてくれるような存在なのではないでしょうか。その役割を果たすためにも、「嫌な顔ひとつせず」のニュートラルな走りを見せてくれているのだと感じました。つまり、日本におけるスポーツカーやスポーツドライビングの再認識に一役買ってくれていると考えられるような気がするのです。

BRZの評価については様々な意見があります。パワー不足や足回りの味付けの好みなども言われている昨今。なかにはAWD化せよ、とかEJ20やターボを搭載せよ、とか私個人としては若干軸のズレたように聞こえる意見もあります。しかし冷静になって考えてみれば、これらは「走り」という方向性でクルマを見ることが出来ている事の表れなのです。どの意見もまとめてしまえば、クルマを愉しみたいが故の声・・・。クルマに対するこのような意見が巷を賑わす事がここ数年であったでしょうか。TVCMでは燃費しか言わない時代に、テールスライドするクルマを映し出し、走りについて語れる存在であるところにBRZの魅力、そしてBRZが背負ったスポーツカーの未来が見てとれると私は考えます。
そういった背景を考えると、私はBRZは良く出来たクルマだなと感じるのです。 あとはスバルがこうして作り出したこの付加価値を、どのように育て、どのように守り、どのように伝承していくか・・・。

やはりスバルからは目が離せないのです。


懐古主義のスバリストより